5大栄養素の一つでもある「ミネラル」。大切な栄養素とは分かっていますが実際にどのような働きをしてくれるのか知っている人は少ないそうです。そこで今回はミネラルの働きについてご紹介していきたいと思います。

 

ミネラルの働きとは?

ミネラルの働きは多くあります。

 

ミネラルは代謝活動でも中心的な働きをし、体を健やかに維持します。代謝が良い状態は、ダイエットや美容、アンチエイジングの面から考えても大切なことです。

引用:シュシュ

 

まずカルシウムでは骨や歯の原料になる、体液のアルカリ性保持、筋肉の伸長・収縮、など。必要量は成人男性で550mg、成人女性も同様の550mg。

 

次に鉄からは、赤血球を作る材料、臓器でエネルギー代謝。必要量は成人男性6.5mg、成人女性は5.5mg(ただし閉経後は9mg)。

 

マグネシウムからは骨の形成、多様な酵素の補助、体液の平衛維持など。必要量は成人男性310mg、平均女性240mg。亜鉛からは酵素の構成成分、代謝調節など。

 

必要量は成人男性8mg、成人女性6mg。男女で異なりますがこれらが平均となります。これらの栄養素がそれぞれたくさんの働きをしてくれるのでどれも欠かさず毎日摂取するようにしましょう。