最近何だか、疲れがとれない・・・。

 

美容や健康のために、野菜中心の生活を心がけているのに何だか不調を感じる・・・そんな方は『ビタミンB12』が不足しているかも?じつは、『ビタミンB12』が不足すると強い疲労感や、視界がぼやけるといった症状があらわれることも!そこで今回は、『ビタミンB12』の効果や摂取方法、不足するとあらわれる症状などについてふれていきたいと思います。

 

ビタミンB12の効果や働きについて

まずは、あまり知られていない『ビタミンB12』の効果や働きについて調べてみました!

ビタミンB12は、葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビン生成を助けています。また、脳からの指令を伝える神経を正常に保つ役割もあります。

引用 栄養成分ナビゲーター

 

ビタミンB12は、赤血球や細胞の増殖、DNA合成、そして神経機能を健康に保つのに必須の栄養素。(中略)また、ビタミンB12不足のリスクが最も高いのは、ベジタリアンやビーガン食の人と言われています。なぜなら、ビタミンB12は植物からはほとんど摂取できないから。

引用 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

 

『ビタミンB12』不足には、ベジタリアンやビーガン食の方がなりやすいということですが、年齢を重ねるにつれて不足してくるものでもあるのです!特に40~59歳になると、100人の女性のうち4人はビタミンB12が不足していると言われています。

 

ビタミンB12が不足するとどうなるの?

ビタミンB12が不足すると、どんな症状があらわれるのでしょう?

これが不足すると、強い疲労感、貧血、イライラ感、神経損傷、腸の疾患といった症状が現れてきます。

引用 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

 

不足すると、赤血球が減ったり、異常に巨大な赤血球ができてしまったりする、巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)という悪性の貧血がみられます。極端な偏食でなければ不足はおこりにくいのですが、胃や腸を手術で切除した場合など、ビタミンB12の吸収に問題がある人、動物性食品をあまり食べない人、または菜食主義の人では、不足する可能性があるため注意が必要です。

引用 栄養成分ナビゲーター

 

『ビタミンB12』は、全身に酸素を運んでくれる”赤血球”を作るのにとっても大事なもの!女性は特に積極的に摂取していきたい栄養素ですが、どんな食材に豊富に含まれているのでしょう?

 

 

ビタミンB12が豊富に含まれている食材は?

早速『ビタミンB12』を豊富に含んでいる食材をご紹介!その他、身近な飲み物にも『ビタミンB12』は豊富に含まれていました!

 

アサリ
アサリはビタミンB12の一日摂取量を一度に摂ることができます。
ニンニクやフレッシュハーブを加えた白ワイン蒸しにするか、パスタと一緒にあえるとたくさん食べられます。

ツナ
ライト・ツナ缶は、価格も安く、低カロリー。「1日に必要なビタミンB12を簡単に摂ることができる、とても優秀な食材」(中略)85gで一日に必要な摂取量を完全に補えるのです!

 

 

紅鮭
85g程度の紅鮭で、一日に必要なビタミンB12の2倍近くが摂れます。

タコ
タコはビタミンB12をおいしく摂れる食材のひとつ。グリルして、その香ばしい風味を楽しんでみて。

カニ
あなたがエビやカニ好きだったら、ビタミンB12もたっぷりとれること間違いなし。

ニジマス
85gで一日に必要なビタミンB12をほとんど摂ることができます。切り身をソテーにしたり、ハーブとレモンをたっぷり振りかけたり。野菜と一緒に姿焼きにするのも、とてもおいしいビタミンB12の摂り方に。

引用 ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

 

牛レバー 
内臓が苦手な人も少なくないかもしれませんが、牛レバーはビタミンB12をとても多く含みます。

シリアル
ビタミンB12の手っ取り早い補給方法は、ビタミンが強化されたシリアル。

牛乳
牛乳は一日に必要なビタミンB12を補充してくれます。コーヒーに入れたり、料理に足したり、はたまたそのまま冷えたのをグラス一杯飲むのも手軽な補給方法です。

引用 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

 

”いくら眠っても、なかなか疲れが取れない”そんな方は、細胞に酸素が十分に届いていないのかも?

もしも強い疲労感やめまいなどを感じたら、『ビタミンB12』を豊富に含む食材を食事に取り入れてみるのもおすすめです。