二日酔いなどに効果的な「オルニチン」ですが体内から不足するとどういった症状が出るのでしょうか?今回はオルニチンが不足した場合の症状について調べてみました。

 

オルニチンが不足すると起こる事

オルニチンが不足すると、体内のアンモニアがうまく分解・排泄できなくなり、肝臓に負担がかかります。
また、アルコールの代謝にはオルニチン回路が不可欠なので、オルニチン不足の状態でお酒を飲みすぎると、二日酔いにつながりやすいです。

引用:シュシュ

 

オルニチンにはアンモニアの解毒を促進する効果やアンチエイジング、脂肪燃焼、成長ホルモンの分泌量を増やすなど様々な効果があると成分です。

 

そのオルニチンの1日の理想的な摂取量は400~1000mgといわれています。ですがオルニチンは基本的に摂取不足と言われている成分です。オルニチンが不足すると有害物質であるアンモニアが体内で増加すると言われています。アンモニアの増加は肝機能の低下や体臭、髪の健康悪化など身体に多くの悪影響をおよぼすと同時に成長ホルモンの分泌も減少してしまいます。

 

また、エネルギー不足によって疲労や肌トラブルの原因にもつながってしまいます。そのためには効率よくサプリメントを利用することが良いとされています。