健康や美容に欠かせない「ビオチン」とは一体どんな成分なのでしょうか?

今回はビオチンについて調べてみました。

 

ビオチンとは?

 

ビオチンはビタミンB群に属する水溶性のビタミンで、オランダの研究者ケーグルが、酵母の増殖に必要な因子として発見され、ビオチンと名づけられました。また、その後、マウスによる研究により、皮膚の炎症を防止する因子であることが発見され、ビタミンHと名づけられました。現在は、最初に発見されたときのビオチンという名前が一般的です。水やアルコールに溶けやすく、熱、光、酸に対しては安定ですが、アルカリに対しては不安定です。

出典:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/biotin.html

 

ビオチンとはビタミンB群に属する水溶性のビタミンのようです。

 

皮膚の炎症を防止する因子である事も研究で発見され、世間では美容のために使用する方も多いですよね。またビオチンは爪や毛などの生成にとても大切な役割を果たすので人の体にはなくてはならない存在でもあります。

 

ビオチンは普段の食事などから摂取する事ができますが食事からだけでは不足気味になるので爪や髪の状態が気になった場合にはサプリメントなどで摂取してあげるのが効果的ですね。

 

それが「ビオチン」です。

 

ビオチンはまつげの生成に欠かせない成分です。ぱっちりウィンクはそのビオチンをたっぷり含んでいるので毎日飲む事によってまつ毛の生成を助けてくれる効果があります。1日の必要な摂取量をサプリメントで摂る事できます。

引用:美活ライフ

 

必要な分だけ摂取できれば良いので習慣としてサプリメントを飲むのも良いですよね。

 

まとめ

今回は美容や健康に欠かせないビオチンについてご紹介しました。ビオチンが不足していまうと爪がひび割れたり、髪の抜け毛が気になったりと女性にも男性にもストレスになってしまいます。効率よく摂取して健康な体を保ちましょう。